フランスのプジョーはご存知ですよね。ライオンマークで世界的に知られる自動車ブランドです。でも、実はクルマだけじゃないんですよ。フランス流儀で仕立てられた『Peugeot Scooters』の芸術性が想像を超えています。その世界に、ちょっとだけ触れてみてください。

プジョーは自動車だけじゃない

画像: プジョーは自動車だけじゃない

オートバイやクルマを愛する人々で、フランスのプジョーを知らない人はいないと思います。

モータースポーツが好きな人なら、WRC(世界ラリー選手権)での活躍が印象強いかもしれませんね。

でも、プジョーって伝統的にクルマだけじゃなく二輪車も手がけていたブランドだってこと、知ってました?

200年もの歴史があります

画像: ライオンマークが商標登録されたのは1858年です。

ライオンマークが商標登録されたのは1858年です。

プジョー家そのものは15世紀から確認されていましたが「プジョー」の名を冠して創業したのは1810年。鉄鋼業からのスタートでした。

1882年に『Grand Bi/グランド・バイ』という自転車を製造し、1890年には蒸気機関搭載の3輪車を開発。原動機付きの自転車を発売したのは1901年です。

画像1: 200年もの歴史があります

プジョーの原動機付き自転車はその後、当時の走行スピード記録を123.287km/hで更新。

1907年にはプジョー製のエンジンを搭載したノートンがマン島TTレースで勝利するなど、歴史に名前を刻んでいるんです。

画像2: 200年もの歴史があります

ちなみに、余談ですけどバイクの起源はフランス人の「ルイ・ギヨーム・ペロー」が1873年のウイーン万博で発表したものだとされています。

バイクの原点ってフランスだったんですよ!

プジョー独創の世界

画像: DJANGO 125 EVASION ABS

DJANGO 125 EVASION ABS

そんなフランスの名門が手がけるスクーターが、今年2018年の3月に正式に日本上陸を果たしました。

その中でも特に注目したいのが、“ジャンゴ/DJANGO”です。

画像: SS55/PEUGEOT

SS55/PEUGEOT

このジャンゴのルーツはプジョー初のスクーター「S 55」と「S 57」です。

車名はフランス国籍の有名ギタリスト“ジャンゴ・ラインハルト”が由来っていうのが、フランス車らしいセンスですね。

そして、このジャンゴに……本気で驚きました。あまりにも上品なんです。

見て!実用車とは思えない…ディテールへのこだわりもハンパない

This article is a sponsored article by
''.