冬の時期、テイクアウトのコーヒーを片手にスクーターに腰掛けて一休みしてるスクーター女子を見かけると、おしゃれだなあって思う反面、寒そうなファッションが多い!スクーターって思っている以上に風を受けて寒いんですよね。でもせっかくスタイリッシュなスクーターに乗るなら、おしゃれを捨てたくないですよね。
そこで、おしゃれを捨てない冬対策のポイントをご紹介していきます。

走行中の冷え対策は「首」がつくところを塞ぐ

首そのものはもちろん、「手首」と「足首」からの冷気の侵入を防ぐのが冷え対策の大事なポイント。

おしゃれを意識したいならファー付き手袋がオススメ!

特に手首はハンドルを握っている時に前からの風が入りやすく、手袋をしていても冷気が入ってきやすい場所です。

そこでおすすめなのがファー付きの手袋。防寒的なベストは革+ファーですが、裏起毛で温かい素材も多いので、素材にそこまで拘る必要はありません。
手袋と袖の間を塞いでくれるしっかりとボリュームのあるファー付きの手袋がおすすめです。

画像: おしゃれを意識したいならファー付き手袋がオススメ!

実は女性には特に大事!足首の防寒対策

足首ってそんなに大事?と思う人もいるでしょう。実は足首の周辺には「三陰交」「太渓」「解渓」「申脈」という冷えとむくみに効く4つのツボが集まっています。これらを温めて冷気を防ぐことで、冬の冷え性対策になるだけでなく、スクーターで走っているときの足の冷えを効率よく防ぐんです。

また、ブーツやブーティの場合は言わずもがな対策は万全ですが、意外と冬もオフィススタイルのためにパンプスの人も多いですよね。100デニール以上のタイツを装着していても、走行時の風はとっても冷たい!

そんな足元の冷え対策にはやはりレッグウォーマーが最強です。パンツスタイルやパンプスにレッグウォーマーを併せるファッションは秋冬の定番になってきたので、手袋と一緒に1セット、レッグウォーマーは用意しておきたいですね!

カジュアルな装いになるのを避けたい人には、薄手のタイツ素材のレッグウォーマーがおすすめです。パンツの裾が膨らまずに足首からふくらはぎをあたためられるので、スクーターのメット入れに常備しておきたいアイテムです。

首の防寒は定番のストールやマフラー、装着方法に気をつけて!

コートの首元をふさいで温めるのは定番中の定番。

襟からの冷気の侵入を防ぐのはもちろん、首には大きな血管が通っているので、風にあたっていると体の温度がどんどん下がってしまうんです。なので、ストールやマフラーを装着するのは防寒対策としてはマストとも言える大切なことです。

ですが、長いマフラーは巻き方に注意!

実は過去に数件、防寒用のマフラーがバイクやスクーターの車輪に引っかかり、車軸の回転に巻き込まれた結果、ライダーが死亡してしまったという痛ましい事故があります。

ロングマフラーを装着するときはきっちりと巻いて端を服の中に入れ、ひらひらさせない。ストールを巻く時も、解けないようきっちり巻いてピンで止めるなどの対策をしてください。

安全で可愛いおすすめの巻き方は?

なんと言っても一番安全で簡単、そしてどのファッションスタイルにも合うのは「ワンループ」巻きです。

二つ折りにしたマフラーの輪に端を入れるだけという定番の巻き方ですが、解けにくく体の前にマフラーの端がくるので、後ろの車輪に巻き込まれてしまう心配がありません。

他にもいくつか巻き方がありますが、「ゆるめずしっかり巻く」「端は前に来るか織り込む」この2つを守っていれば、安全にマフラーを着けてツーリングを楽しめます。

▶︎▶︎真冬の味方!カイロを貼るべき3つのポイントとは?!▶︎▶︎

This article is a sponsored article by
''.