ヨーロッパ最大級の自動車ショーである「2018 パリモーターショー」において、プジョーの二輪部門は大きな発表を行いました。二輪車ではなく自動車が中心のイベントで、ブランドの根幹にかかわる発表を行ったことには、とっても深〜い意味があったのです!

あれ?スクーターブランドだったのに......。

2018年10月に行われた「パリモーターショー」。自動車が中心のショーであることもあり、プジョー二輪部門のブースはさほど大きなものではありませんでしたが、そこにはいつもとは違った光景がありました。

ブースの外観を眺めてみると、いつものスクーターではなくバイクのポスターがたくさん......。

画像1: あれ?スクーターブランドだったのに......。

そして、その脇にはビンテージバイク!
1930年代のプジョーを代表する一台「 P515」です。
「P515」は、2,000kmおよび3,000kmの平均最高速度、24時間走行の平均最高速度という3つの世界記録を達成した超ハイパフォーマンスモデルです。

画像2: あれ?スクーターブランドだったのに......。

スクーターブランドなのに、なぜバイク?と思いながらブース内をよく見てみると......。

画像3: あれ?スクーターブランドだったのに......。

......ん??
プジョーマークが......?

PEUGEOT 「SCOOTERS」ではなく「MOTOCYCLES」になってる!!

そう。プジョーはスクーター専門ブランドではなく、モーターサイクル総合ブランドになることを宣言したのです!
いや、正確にはモーターサイクルブランドに「なる」ではなく「戻る」なのかもしれません。

はじまりは、パリでした。

1898年。第1回!パリモーターショーにおいて、歴史的な発表が行われました。プジョー最初のモーターサイクルです。

画像: はじまりは、パリでした。

その後もプジョーはモーターサイクルブランドとして、高性能な市販車やレース車を製造し続けてきました。

近年はスクーターを中心とした製品ラインナップを揃えていたプジョーですが、はじまりから120年後の今年、モーターサイクル全般を製造するブランドに戻ると発表。つまり原点回帰を宣言!したのです。

その発表の舞台を、自分たちの「はじまりの地」であるパリモーターショーに設定したのは必然ですね。

▶︎▶︎そして、気になるニューモデルがこちら!!▶︎▶︎

This article is a sponsored article by
''.