ギュウギュウの満員電車にさようなら。ワンランク上のスーツとイケてるスクーターで勝ち組になっちゃいましょう。寒い冬の通勤に意外なあのアイテムを合わせるとカッコ良さ、快適さをハイレベルで両立出来ちゃいます!

オフィス街をダイナミックな走りで駆け抜ける

寒い冬の出勤。満員電車で汗をかき、外との温度差に体調を崩してしまいがちですよね。手軽な125ccのスクーターで気楽に出勤するのはいかがでしょうか?今回はカッコいい冬のコーデにふさわしいスクーターをご紹介。それが「プジョー CITYSTAR 125 BLACK EDITION ABS」です。

画像1: オフィス街をダイナミックな走りで駆け抜ける

都会、オフィス街に溶け込むスタイリングにダイナミックでパワフルな走りを実現したのがこの「プジョー CITYSTAR 125 BLACK EDITION ABS」。プジョー独自技術を搭載した《PowerMotion125エンジン》により、騒音の低減、燃費性能の向上に成功しています。歴史の長いプジョーならではとも言えるその背景をもっと知りたい方はコチラをぜひ。

さて、性能のみならずデザインにも注目です。光沢のあるブラックとマットなブラックの組み合わせが速さ、美しさを表現しています。また、シートも広く快適なので、通勤だけではなく週末に二人乗りでのお出かけのお供としてもバッチリ!快適なライディングを、あなたの日常にも。

画像2: オフィス街をダイナミックな走りで駆け抜ける

寒さとおしゃれの両立はコートではなく・・・

「プジョー CITYSTAR 125 BLACK EDITION ABS」で通勤するならどんなコーディネートを楽しもうか、心高鳴ります。通勤といえばスーツ、そして寒い季節はスーツに合わせるアウターといえばコート、ですよね。しかし今回オススメするのは“ダウン”です。

正直スーツにダウンなんてあうのか?と思われるかもしれませんが、実は相性抜群なんです。

画像: www.facebook.com
www.facebook.com

こちらの写真はイタリアのヴェローナで生まれたアウターメーカースーツ『MooRER(ムーレー)』によるコーディネート。スポーティーなアイテムを合わせるのはイタリア人の得意技ですが、スポーツブランドやスニーカーを合わせるスポーツミックスとは違います。

エレガントでありながらもスポーティーさを感じさせるコーデはまさに大人のためのスタイルと言って良いでしょう。

今回はそんな大人のためのリッチなダウンをご紹介します。

イタリアが誇るアウターメーカー『MooRER』で乗りこなそう

イタリアで作られ、最高品質であることにこだわりを持っている『MooRER』は、生地だけではなく、ボタンやファスナーにもこだわり、殺菌洗浄も怠りません。目に見えない裏側にも丁寧な仕事が施され、創業以来、常に一級品のアウターを生み出しています。

手触りが最高の「BARBIERI-LL」

『MooRER』には定番モデルがいくつかありますが、中でもハイエンドモデルにあたる「BARBIERI」はアパレル関係者からも絶大な支持を集めるクオリティ。

N-3B(アメリカ空軍のナイロン製フライトジャケット)タイプの「BARBIERI」は温かく、ウール素材で高級感漂います。スーツにも違和感がなく合わせられ、スポーティーなダウンとパワフルなCITYSTARの組み合わせも文句なしのスタイリングと言って良いのではないでしょうか。

また、襟裏と袖口に配置されたウールのリブのおかげで、冷気もしっかり遮断。走行中に隙間から冷たい風が入り込んでしまう心配もありません。さらに、実は撥水加工が施されているほか、裏面にはポリウレタンフィルムを貼ることで防風対策も万全です。

さらにこちらの「BARBIERI」で見逃せないのが抜群の手触り

週末のタンデムデートにはおっていけば、このダウンに触れた瞬間彼女との距離が近くなることに違いありません。スクーターから降りた後も、組んだ腕を離してくれないかも?

出勤では周りに差をつけ、休日では彼女を虜にしてしまう『MooRER』、そして「BARBIERI」。冬のバイク通勤は寒くて気後れしがちですが、SPORTSTER × BARBIERIのコンビなら走りは軽やか、体はポカポカ、明るいスクーターライフを楽しむことができそうです。

125ccスクーター×通勤が気になってきた方はコチラも要チェック!

This article is a sponsored article by
''.