2018年春に日本上陸を果たしたプジョーの二輪部門『プジョーモトシクル』は、その圧倒的オシャレ度で早くも話題。本連載ではその中でも特にファッショナブルな「ジャンゴ 125 エバージョン」で行きたい沖縄のツーリングコースをご紹介。今回は沖縄本島・南部をクローズアップしちゃいます!

【プジョージャンゴ】沖縄南部ツーリングをおすすめする理由

ライオンのシンボルマークで知られるフランス生まれの「プジョー」ですが、実は現存する世界最古のバイクメーカーでもあります。そんなプジョーのスクーターが日本に上陸したのは、2018年春。

プジョー ジャンゴ 125 エバージョン

こちらの写真は「ジャンゴ」シリーズのエバージョンというモデル。プジョーといえばフランスメーカーならではのおしゃれさを連想しますが、ジャンゴも相当なクオリティで、ワンランク上のスクーターライフを満喫したい方に是非オススメしたい逸品。

プジョージャンゴについてくわしくはこちらをチェック!

細部までこだわり抜かれた上品なスクーターでツーリングするなら、やっぱり絶景のもとでその美しさにもっと際立たせたい!ということで、沖縄県在住のライターであるわたしが、現地からオススメスポットをピックアップ。今回は沖縄本島南部編です。

【沖縄南部エリア】おすすめツーリングコース

サトウキビ畑や赤瓦屋根など、沖縄らしい原風景が残る「本島南部」エリア。絶景が一望できる橋や海、バイクで行ける離島など、素朴な原風景と絶景を両方楽しむことができるおすすめツーリングコースへ、早速出発しましょう!

画像: 南部の東側からスタート、西側のゴールに向かって走ります!せっかくなので海沿いの道を。

南部の東側からスタート、西側のゴールに向かって走ります!せっかくなので海沿いの道を。

1. 南部一の絶景橋「ニライカナイ橋」を爽快に駆け抜ける

まずは「ニライカナイ橋」という南城市知念の国道331号線を走っていると見えてくる山側の大きな橋からご紹介。この橋は「ニライ橋」と「カナイ橋」が合わさって「ニライカナイ橋」と呼ばれている人気ドライブスポットです。

画像: 1. 南部一の絶景橋「ニライカナイ橋」を爽快に駆け抜ける

みなさんそれぞれの出発地点から、まずはこの「ニライカナイ橋」に向けてスタートを!複数人でのツーリングを現地集合ですすめたい場合は、このあとに向かう知念岬公園で落ち合うことができますので、まずここは景色を独り占めしちゃいましょう。

バイクを走らせると橋の向こう側に見えてくるのは、どこまでも続く海、そして青々とした森!美しい大自然に包まれながら、爽快に走り抜けることができる、まさにツーリングの幕開けにふさわしいスポットです。

ニライカナイ橋がツーリングにおすすめな理由はそれだけではありませんよ。なんと橋を渡る直前まで、壮大な景色が閉ざされており、橋の入り口手前あるトンネルまでは海は全く見えないんですね。そしてトンネルを通り抜けるその瞬間……どどーん!一気に広がる真っ青な海とまばゆい空!そこに一気に吹き抜ける風!!

南の島ならではの開放感に、ツーリング序盤からテンションMAX間違いなしです。

画像: 来るよ来るよ……

来るよ来るよ……

このトンネルを抜ける前と後のギャップはまさに感動もの。抜けた後の風を浴びる瞬間の心地よさは、バイクでしか感じることができないとっておきのお楽しみです。

画像: キターーーーー!!!

キターーーーー!!!

また、橋の一番上には展望台もあるので、降りる前に展望台で記念撮影もおすすめですよ。

◆ニライカナイ橋
【住所】沖縄県南城市知念字知念
【駐車場】展望台にのみあり

2. 景色を眺めながら一休み「知念岬公園」

さて、次に向かうのはニライカナイ橋を渡ってすぐの場所にある「知念岬公園」。赤瓦の展望台がある小さな公園になります。お仲間と待ち合わせるならこちらでどうぞ!20分程度で十分満喫できる場所なので、ツーリング途中の寄り道に丁度良いスポットです。

画像1: 2. 景色を眺めながら一休み「知念岬公園」

遊歩道の左右はどちらにも美しい海が広がっており、ニライカナイ橋で爽快感と共に駆け抜けたのとは対象的に、こちらではゆったりと眺めることで海を堪能することができます。20分の小休止……と思っていても、海の波打つ音や心地よい風の匂いに、うっかり時間がすぎてしまうかも。

画像: 天気の良い日には久高島やコマカ島が見えることもありますよ。

天気の良い日には久高島やコマカ島が見えることもありますよ。

そして公園内には「NANJO♡CITY 2019」と書かれた文字が。せっかくなので、記念撮影などいかがでしょうか。旅先での写真って、これどこだったかな?と忘れてしまいがちですが、ここさえおさえておけば、あとから思い返すときに最適な写真を残すことができますよ。思わずインスタにもアップしたくなっちゃいますね。

画像2: 2. 景色を眺めながら一休み「知念岬公園」

もちろん軽食を用意して芝生の上でくつろぎながらピクニック感覚でゆったりと過ごすのもアリ!今回はこのあとにオススメのランチスポットをご紹介しますので、ここでは我慢して、先に進みます。

◆知念岬公園
【住所】南城市知念字久手堅
【アクセス】那覇空港から車で約60分
【駐車場】あり

3. 知念岬公園すぐの場所にある「がんじゅう駅・南城」

海の風を存分に満喫したら、知念岬公園より徒歩5分程度の場所にある道の駅「がんじゅう駅・南城」に寄ってみましょう。

画像1: 3. 知念岬公園すぐの場所にある「がんじゅう駅・南城」

ここは、沖縄県の中でも更に「南城市」にフォーカスして楽しむことができるスポット。「斎場御嶽(せーふぁうたき)」と呼ばれる、南城市でも屈指の人気を誇るパワースポットのチケット販売や南城市の魅力を活かした体験プログラムなど、楽しみどころが満載です。

画像: 「斎場御嶽(せーふぁうたき)」とは、琉球王国の創世神・アマミキヨが作ったと伝えられる琉球王国最高の聖地! 大自然の中で感じるパワーは言葉にできない程。がんじゅう駅・南城ではこのように展示もされてますよ。見どころがたくさんありすぎて1日ではこなしきれませんね…一旦チケット買っておきましょうか。

「斎場御嶽(せーふぁうたき)」とは、琉球王国の創世神・アマミキヨが作ったと伝えられる琉球王国最高の聖地!
大自然の中で感じるパワーは言葉にできない程。がんじゅう駅・南城ではこのように展示もされてますよ。見どころがたくさんありすぎて1日ではこなしきれませんね…一旦チケット買っておきましょうか。

そして外に出てみると「幸せの架け橋」という小さい展望台が。

画像2: 3. 知念岬公園すぐの場所にある「がんじゅう駅・南城」

小さいといっても、通常の高さでは草木越しに見る海をこちらの台の上から見ると俄然開放感がアップします。さらに、実はパラグライダーのメッカである南城、こちらからもパラグライダーを楽しんでいる人がたくさんいらっしゃいます。それを眺めるもよし、時間があればぜひ挑戦してくださいね。

画像: パラグライダー ks070.mov youtu.be

パラグライダー ks070.mov

youtu.be

また、がんじゅう駅に併設されている「南城市物産館」では、沖縄土産はもちろん、南城市の特産品や生成食品も販売されています。空港や国際通りでは買えない珍しいものも豊富に揃っていますので、メジャーなお土産品以外が狙い目です!

◆がんじゅう駅・南城
【住所】沖縄県南城市知念久手堅539
【開館時間】9時~18時
【定休日】なし
【駐車場】あり
【HP】http://okinawa-nanjo.jp/station/

This article is a sponsored article by
''.