普通のバイクとアディバAD1のいちばんの違いは、やっぱりフロントタイヤが2輪だということ。じゃあ普通のバイクのテレスコピック式フロントフォークとどう違うの? 冬のある日、ふらっと走りに出た先で、ガツンと『違い』を理解しました!

冬でも『走りたい派』ですか?

画像1: 冬でも『走りたい派』ですか?

真冬ですけど、みなさん走ってますかー!?

ボクはバリバリ走ってます。

薄々は感じてましたけど、アディバのAD1って冬にものすごく強いんですよ。

画像2: 冬でも『走りたい派』ですか?

やっぱりコレ、フルカバードになったウインドプロテクション性能がハンパじゃない。

前面からの走行風をフルガードだから上半身も下半身も冷えない。

手にも風が当たらないから指先だって痛くなりません。

なので、ちょっと天気が良いと『軽く出かけてこようカナ』っていう気になるんです。

ということで、天気の良い休日に走りに出ました。

普通のバイクだと、そうは言っても寒いからナァ……と身構えるはずなのに、アディバAD1だとすぐに走り出せる。

全天候型の屋根付きだと、やっぱり安心感が違います。

もし天気が悪くなってもなんとかなるでしょ!って無駄に自信が持てるんです(笑)

画像3: 冬でも『走りたい派』ですか?

しかもスクーターですからオートマでしょう?

そこも気軽。アディバAD1っていうのは、快適さの塊です。

そして、なんとなく海のほうがあったかいだろうと伊豆方面へ。

快適さに加えて200ccで高速道路に乗れるから、行動範囲が広いんです。

ぶっちゃけシティコミューターの枠に収めておくのがもったない。

画像4: 冬でも『走りたい派』ですか?

しかし、朝イチの晴れはどこへやら。ツーリングあるある。よくある展開。

がっつり曇ってしまいました……

日差しがないと一気に冷え込むのが冬の常識です。

画像5: 冬でも『走りたい派』ですか?

曇りになって、一気に気温が下がったのを感じます。

ただし寒いという感覚は一切ありません。

冬のバイクツーリング装備でアディバAD1に乗ると、寒さはほとんど気にならないですね。

画像6: 冬でも『走りたい派』ですか?

伊東まで一気に走ってきました。

ここまで来て思いますけど、ガチで真冬に長距離を走っても寒くないんですから、冬でも街乗りなら防寒面でバイク用の装備はいらないでしょうね。

寒くないと気持ちにも余裕が持てます。

冬なのに過酷さをほとんど感じません。

画像7: 冬でも『走りたい派』ですか?

快適すぎて逆にヤバい

いつもアディバに乗っていて思うことがあります。

AD1に乗っていると、とにかく気持ちが平和になるんです。

鉄板の安定感。穏やかなハンドリング。風を感じるけど環境を厳しく思わない。

オートマで適度なパワーなので、渋滞だって気になりません。

画像: 快適すぎて逆にヤバい

バイクと停めて海を眺めていると『ボクのバイクライフ、これ1台でいいんじゃないかナァ』とさえ思ってしまいます。

ボクはバイクが好きで大型のロードスポーツも持っています。

でも、そう感じてしまう。

危ない危ない……

アディバAD1の快適さが突出しすぎているのが、ある意味問題です(笑)

This article is a sponsored article by
''.