年で一番寒い2月。春はもうすぐそこ……とはいえもう少しかかりそうですね。セールもはじまりつつあるこの時期に、毎年使えるファッションアイテムを今季最後に買い足しておきませんか?そんな今回はオトナならこだわりたい定番アイテムをご紹介!

通勤もプライベートもこれで決まり!「プジョー CITYSTAR 125 RS ABS」

画像: 通勤もプライベートもこれで決まり!「プジョー CITYSTAR 125 RS ABS」

場所を問わないスタイリングながらも、個性が光る「プジョー CITYSTAR 125 SMARTMOTION」はカッコよく決めて乗りこなしたい一台です。

スクーターの魅力は街中で手軽に移動できるところですが、「プジョー CITYSTAR 125 SMARTMOTION」は優れたハンドリングはもちろん、非常にトルクフルなところもポイント。にも関わらず静かな乗り心地でとても快適、他のスクーターでは味わえない乗り味となっています。

パワフルながらも静かで上品な乗り心地にスタイリッシュなビジュアル、まさにワンランク上のオトナのためのスクーターと言っても過言ではないでしょう。

高級感と落ち着きがあり、それでいて走りにもこだわっている「プジョー CITYSTAR 125 RS ABS」。せっかくなら身だしなみにも気を遣いたいところです。

休日のちょっとしたお出かけには手軽な服装にスクーターが便利ですが、手軽さだけではなくこだわりもプラスすると見える景色も自分を見る相手側の受け取り方も変わってくることでしょう。そして、全身キメすぎるのではなく、さりげなく上質なアイテムを取り入れると、こなれたオトナ感を出せるのでは。

そんな今回は寒い冬に活躍必至の買い足すべきアイテムをご紹介します。

皆が身につける物こそ差別化を!
「COLOMBO(コロンボ)」のカシミアマフラー

寒さから身を守るためにまずおさえたい温めポイントは手首、足首、など「首」がつく箇所。特にバイクを乗るときは、正面からの風の影響を受けやすい首元の防寒が必須。移動先でさっと外せて、荷物としてもかさばらないマフラーは超重要アイテムです。

目線に入りやすく、色や素材によってガラッとイメージが変わるマフラー。こだわるならやはりカシミヤ素材をチョイスしたいところです。わたしのオススメはイタリアのメーカー「COLOMBO(コロンボ)」のカシミアマフラー

www.bronline.jp

「ラニフィーチョ・ルイージ・コロンボ(Lanificio Luigi Colombo)」通称「COLOMBO」は、イタリア・ピエモンテ州ベルチェッリ県ボルゴセージアで創業したブランドで、 世界有数の最高級天然生地メーカーです。スーツの最上位生地であるロロ・ピアーナとも並ぶその品質の高さは有名ブランドからの指名も絶えないほど。現在は幅広いファッションアイテムを展開するコロンボですが、ほとんどの工程を自社で行うことで抜群のコストパフォーマンスを実現しています。 こちらのマフラーは37,800円(税別)。

こちらのマフラー、こだわりは素材だけにとどまらず、製法にも秘密があります。それは「ビーバー仕上げ」と呼ばれる、主に男性向けハイファッションコートなどに用いられる手法が取り入れられています。

どんな工程かというと、まず仕立てたマフラーをあえてぎゅっと縮めてフェルト状にします。こうすることで繊維が緻密になり暖かくなるんです。そして毛並みを整えたらプレスして寝かせることで表面に光沢を出し美しい仕上がりにするわけです。実際には7工程ほどもある、非常に手間暇がかかる作業。職人さんのこだわりがマフラーひとつひとつに詰まっています。

そんな「COLOMBO」のマフラーは、カジュアルに巻いても死角なく上品な装いに。もちろん素肌にとても優しい肌ざわりで超滑らか!まさに「最上級」という表現がふさわしい逸品です。色もベーシックな無地なのでどのファッションにも合わせやすく、カラーバリエーションも11種類と豊富。

バイクのカラーリングに合わせるか、手持ちの服に合わせやすいベーシックなカラーを選ぶか、差し色としてちょっと遊んだカラーに挑戦するか。悩む時間も楽しくなっちゃいますね!

画像2: www.bronline.jp
www.bronline.jp

また、マフラーを巻くときは、空気を纏わせるようにふわっと身につけることを意識してみてください。ペタッとしているよりも立体感が出てこなれ感がアップしますし、マフラーのさりげない光沢もより映えますよ。

なお、スクーターに走行時はマフラーを巻き込まないよう、アウターの中に両端をしまうかたちで身につけましょう!

使いやすさとラグジュアリーの融合
「GRAN SASSO(グランサッソ)」のニットブルゾン

次にオススメするのはテッパンアイテム、ニットブルゾン!、「GRAN SASSO(グランサッソ)」というブランドの一品をご紹介します。

「GRAN SASSO」は、1952年にイタリアのサンテジーディオ・アッラ・ヴィブラータという小さな村にて、ディ・ステファノ4兄弟によって創設されました。「品質が商品を語る」をモットーに、すべての工程をイタリア国内で行うことにこだわっている「GRAN SASSO」は、伝統的でベーシックなデザインに季節毎の流行を取り入れることで、着まわししやすくも旬を感じさせる絶妙な商品ラインを提供しています。

今回紹介するニットウェアは、熟練職人の技と最新の機械設備が駆使された高い品質を誇る超逸品です!

www.bronline.jp

インナーとしてもアウターとしても使えるニットブルゾンは使い易く、何より高級なカシミアを使用していますので滑らかな手触りと最高の着心地を演出してくれます。スクーターで女性とタンデムするときは、ここぞとばかりにこれを着れば距離を縮められるかも……(妄想)

もしくはスーツとシャツの間にこちらのニットを入れるのも素敵です。身だしなみはクリーンな印象のまま、オトナならではのアレンジを加えてみては。

ちなみに、わたしのオススメはホワイト!重ね着を楽しむことができるのも冬のいいところ。単品だと手が出しづらく感じてしまう方もいらっしゃるカラーですが、他のアイテムを落ち着いた色味にすることでバランスを取りやすくなりますよ。

画像4: www.bronline.jp
www.bronline.jp

スクーターでお出かけするなら、Tシャツを着てからこちらのニット、その上に薄いライトウエイトのダウンを着てから革ジャンを着ればカンペキ!あなたのワードローブにも「GRAN SASSO」を加えてみてはいかがでしょう?きっと長いおつきあいができるアイテムになってくれると思いますよ。

まとめ

冬の買い足しアイテム、いかがでしたか?

こだわりのアイテムをひとつプラスしてみるだけで、与える印象をガラッと変えることができます。誰もが身につけるような定番アイテムだからこそ差別化を狙ってみましょう!

This article is a sponsored article by
''.