前に『アディバAD1にどれくらいモノが積めるか』企画で、無茶なものをリアトランクに放り込みまくった時……鍋とカセットコンロを入れたのが忘れられず(笑)やってみましたアウトドア鍋チャレンジ! 駆け走って食材を集めた、これが本当の『ご馳走』です!

アディバならチャンレジ無限大!

今年のはじめにやった3輪生活の『アディバADの限界積載チャンレジ』の時には、日用品から無茶苦茶なモノまで、あらゆるモノをリアトランクに放り込んだ訳ですが……

《アディバ限界チャレンジの様子はこちらです》

その時に積んだ鍋とカセットコンロ……

コイツらのことが忘れられませんでした。

画像1: 《アディバ限界チャレンジの様子はこちらです》

あの時の企画では『外で鍋とか普通やらないと思うけどっ!』って書きました。

でもずっと思っていたんです……ちょっとやってみたい(笑)って。

それに最近はちょっと温かくなってきたし?

画像2: 《アディバ限界チャレンジの様子はこちらです》

そう思ったら『やってみる!』しかないでしょう(笑)

それがバイク乗りという人種だとボクは信じています。

もはや毎度のことですが、アディバは基本的に快適シティコミューターですからね?

良識ある大人はこんな風にアディバAD1を使ってはいけません。

画像3: 《アディバ限界チャレンジの様子はこちらです》

ですが、アディバAD1は街乗りだけじゃもったいないほど夢が拡がるんだから仕方ないじゃないですか。

ご覧ください。

土鍋にカセットコンロ、調理器具やら椅子やら詰め込んでこの状態。まだフタ側には余裕があります。

それで、食材はどうするかって?

土地の名産をかき集める!

画像: 土地の名産をかき集める!

もちろんアディバで走って買い出しです!!!

本来『ご馳走』という単語は、お客さんをもてなすために馬を馳せ、奔走しながら食材を集めることが語源です。

だから名産を走って買い出しに出ます。

これぞリアルご馳走。まぁ食べるのは自分ですけど(笑)

アディバAD1なら、こんな事までできるっていうことで!

アディバで最高の『みぞれ鍋』を!

今回は大根おろしたっぷりの『みぞれ鍋』を作ります。

この時期の大根って、甘くて美味しいですからね。

とはいえ鍋に肉は絶対に欠かせない

都心から首都高を抜けてやってきたのは、神奈川県綾瀬市のブランド肉『高座豚(こうざぶた)』の直売所です!

エサにもこだわった、薩摩黒豚に並ぶ有名なお肉です。

店内には試食も充実していてヤバかった。

開店直後の朝10時に行ったのにけっこうお客さんがいて驚き……本当に人気店です。

画像1: アディバで最高の『みぞれ鍋』を!

しかし……有名ブランドだけあって、お値段もなかなかのモノ……

画像2: アディバで最高の『みぞれ鍋』を!

100グラムあたり305円……だとっ!?

や、やるじゃねえか……通常の国産豚のざっと1.5倍のお値段クラスか……

ここはケチってはいけない。

しかしっ!

画像3: アディバで最高の『みぞれ鍋』を!

ひっそりと『お買い得な切り落とし肉』を発見!

これしかない。直売所ならでは。

なんだか「ここまで買いに来てよかった」と思いました(笑)

次は『野菜』だ!

肉も大事ですが、うまい野菜がなければ鍋は成立しません。

特に今回の『みぞれ鍋』は大根がキーになります。

そして神奈川の名産で大根とか野菜っていったら、やっぱり三浦大根と鎌倉野菜でしょう?

画像: 次は『野菜』だ!

綾瀬市から、のんびり南下して鎌倉を目指します。

基本的にスクーターなアディバAD1は、一般道の移動も本当にラクちんです。

そして目立つ(笑)

信号待ちの時、けっこうな確率で隣のクルマからの目線を感じますね。

藤沢市を経て、海へ抜けると、そこは湘南エリアです。

天気は曇りでしたけど、海はいつだって気持ちいい。

なんとなく江ノ島に寄りたくなってしまうのはボクだけでしょうか?

湘南・鎌倉のあたりって、いつ来ても雰囲気が良い場所ですよね。

レトロな江ノ電とすれ違う情緒。

こんなに電車の脇をバイクで走れるシチュエーションなんて、滅多にありません。

ていうか手で触れられるくらい近いところを走っていたりしますから(笑)

ところで湘南エリアは海沿いから一歩入ると坂がとっても多い土地柄です。

でもアディバAD1は独自の3輪システムで超安定特性なので走りやすいですよ。

斜面での右左折でも突然グラッとしない。

2輪のバイクにありがちな不安が少ないんですよ!

野菜はここ『レンバイ』で!

そして鎌倉へ。

野菜ならココでしょう! 鎌倉市農協連即売所、通称『レンバイ』です。

地元の旬の野菜が、超新鮮な状態で勢ぞろいします。

画像1: 野菜はここ『レンバイ』で!

うおおお……すげぇ。

見たことも無い鎌倉野菜たちがたくさんです。

なんだろうこの色どりは……すごいカラフルだ(笑)

画像2: 野菜はここ『レンバイ』で!

そして……安いっ!

水菜が欲しかったんですが、珍しい紫水菜というのがあったので興味でそっちにしました。

他にも根菜のパックがあったので、それも購入。

画像3: 野菜はここ『レンバイ』で!

今回の重要食材の三浦大根もあった!

普通の大根より断然まるいのが三浦大根の特徴です。

大きすぎても困るので小振りな大根と白菜をゲット。

あわせて250円也(笑)

素材を活かす『水』を汲む

画像1: 素材を活かす『水』を汲む

そして次なる目標は『水』です!

水道水じゃせっかくの野菜たちを活かせない。

そこで選んだのが……

三浦半島の『関根御滝不動尊』の湧き水です。

神様にお水を頂く旨を伝えるべく合掌。

画像2: 素材を活かす『水』を汲む

次から次へと主婦の皆様が(大量に)水を汲みに訪れていました。

地元の人にこれだけ愛されているなら、霊験あらたかで、さぞ美味しい水なのでしょう。

なんだか今日は『来て良かったナァ!』って思うことの連続です。

アディバAD1は相変わらず快適。

シティコミューターのはずなのに、ツーリング適性が高すぎる(笑)

画像3: 素材を活かす『水』を汲む

ちなみに水はシート下のスペースへ入れることにしました。

リアトランクには野菜も肉も入っていて、けっこういっぱい。

詰め込めば、まだ入るけど、無理する必要はありません。

2Lの水パック。

ハミ出しているように見えますけど大丈夫なんです。

シート裏側が凹んでいるため、普通に収納できましたし、水パック破裂も無し。

予備で500mlペットボトル4本の水を汲み、そちらはヒザの前のグローブボックスへ。

後で全展開してお見せしますけど……本当に呆れるほど積載力が高いです。アディバのAD1は。

This article is a sponsored article by
''.