おしゃれなプジョー製スクーターに乗りたい・・・でも、4輪普通免許しかもっていない・・・と、プジョー・スクーター・デビューができずに残念な想いをしていた貴方に、ぴったりなニューモデルが2019年3月15日にリリースされました。待望の"50ccバージョン"でこの春プジョー・デビューをすることをオススメします!

人気のジャンゴの50cc仕様!

1950年代にデビューして大ヒットしたプジョー製スクーターの始祖、S55シリーズを彷彿させるレトロなデザインが、おしゃれに敏感な層を中心に人気を集めているジャンゴに、50ccバージョンが登場!多くの日本のユーザーに待ち望まれていた存在と言えるでしょう!

ジャンゴ 50 :31万2,120円(税込)

もっともベーシックな「ジャンゴ 50」。カラーリングはとてもシックな"マッドグレー"の一色です。

画像: ジャンゴ 50 :31万2,120円(税込)

ジャンゴ 50 エバージョン:32万2,920円(税込)

クリームとビビッドな色の ツートーンボディがまぶしい 「ジャンゴ 50 エバージョン」は、"キャロットオレンジ"と"ディープオーシャンブルー"の2バージョンを用意。

ジャンゴ 50 スポーツ:32万2,920円(税込)

センターストライプとレーシングゼッケン・・・そしてブラックアウトされた足回りが精悍なイメージを演出する「ジャンゴ 50 スポーツ」は、"ディープオーシャンブルー"と"サテンチェリーレッド"をラインアップ。

日本市場でも大人気のジャンゴ 125シリーズと同様に、スタンダードモデルのほか2トーンの「エバージョン」とレーシーなデザインの「スポーツ」の計3タイプをリリース! 125cc版と同じ車格なので、ゆったりとしたライディングポジションでリラックスした走りを楽しめるのも、ジャンゴ 50シリーズの魅力でしょう。

そのほか諸元表を注視してみると車重は125cc版より19kgも軽くなっており、取り回しが比較的楽になっていることが予想されます。取り回しがラクで扱いやすいことは、4輪普通免許保持者や2輪初心者にとってはとても有り難いことでしょう!

また燃料タンク容量は、125cc版と同じ8.5リットル! 燃料消費の少ない50ccエンジンということを考慮すると、これはかなりの航続距離の長さが期待できるに違いありません!

寸法全長×全幅×全高:1,925mm×710mm×1,190mm
ホイールベース:1,350mm
シート高:770mm
乾燥重量:110kg
エンジン空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
排気量:49.9cc
ボア・ストローク:39mm×41.4mm
最高出力:2.7kW〈3.7PS〉/8,000rpm
最大トルク:3.5Nm〈0.4kgf・m〉/6,200rpm
燃料供給方式:インジェクション
始動方式:セルフ式
変速方式:オートマチック
容量8.5L
サスペンション前:油圧式テレスコピック
後:油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
タイヤ前後:120/70 - 12"
ブレーキ前:ディスク
後:ドラム

プジョー製スポーツスクーターの傑作が、普通自動車免許で楽しめる!

1997年に初代モデルが登場した50ccの「スピードファイト50」は、約20年にわたり世界の多くの若者たちを夢中にさせたスポーツスクーターの傑作機です!

スピードファイト 50 R-CUP:価格32万2,920円(税込)

レーシーなデザインが魅力の「スピードファイト 50 R-CUP」。前後13インチの大径ホイールが、アツい走りを支えています。

画像: スピードファイト 50 R-CUP:価格32万2,920円(税込)

日本市場に導入されるスピードファイト50は、クリーンな4ストローク単気筒を搭載。その主要諸元をみて非常に興味をそそるのは、ジャンゴ 50シリーズに使用されているパワーユニットよりも"ロングストローク"なボア・ストローク値を採用している点です。

なお数字上の最高出力はジャンゴ 50シリーズより0.1ps低いですが、その発生回転数は500rpmも低い領域に設定。またスピードファイトは車重がジャンゴ 50シリーズより10kg! も軽く、パワーウェイトレシオ的にも優れています。これらの諸元から、プジョー製50cc最強スクーターとしての素質の高さをうかがい知ることができるでしょう。

スピードファイト 50 R-CUP 主要諸元
・寸法 全長×全幅×全高:1,895mm×700mm×1,150mm ホイールベース:1,306mm シート高:800mm 乾燥重量:100kg
・エンジン 空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒 排気量:49.9cc ボア・ストローク:37mm×46mm 最高出力:2.64kW〈3.6PS〉/7,500rpm 3.5Nm〈0.4kgf・m〉/6,500rpm 燃料供給方式:インジェクション 始動方式:セルフ式 変速方式:オートマチック
・容量 8L
・サスペンション 前:油圧式テレスコピック 後:油圧式ショックアブソーバー
・タイヤ 前後:130/60 - 13”
・ブレーキ 前:ディスク 後:ドラム

画像: アイシーホワイト、そして鮮やかなレッドのグラフィックは、ツーリングカー選手権に参戦する、プジョー308レーシングカップ仕様にインスパイアを受けた意匠です。

アイシーホワイト、そして鮮やかなレッドのグラフィックは、ツーリングカー選手権に参戦する、プジョー308レーシングカップ仕様にインスパイアを受けた意匠です。

125cc版のスピードファイトと異なり、50cc版で日本に導入されるのはもっともレーシーなデザインの「R-CUP」モデルのみです。「スピードファイト 50 R-CUP」とともに、街を軽快に駆け抜けましょう!

This article is a sponsored article by
''.