プジョーモトシクル ジャンゴシリーズから150ccモデルが登場していること、ご存じですか? 高速にもOKの頼れる150ccスクーターで、いつもよりちょっと遠くまで足を伸ばしてみませんか?

150ccに乗るメリットは?

「125ccと150cc、結局どちらを選べばいいの?」とお悩みの方がいらっしゃるかもしれません。

まず車両価格や保険料、税金といったコスト面を比べるとやはり125ccの方がリーズナブルで、年額維持費は一般的に数万円程度の差となる場合が多いです。特に任意保険の加入状況・条件により異なってきますので、保険会社に問い合わせてみましょう。

そして、使い勝手として最も異なってくるところは高速道路に乗れるかどうかということろ!バイクは移動手段のひとつですから、コスト面よりもまずはココが重要なポイントかもしれません。

通勤で高速道路を使用する方はもちろん、週末はバイクでサクッと遠出できたらいいなあ…という思いをお持ちの方は、150ccクラスのご検討をおすすめします。

プジョージャンゴを外出に使いたい理由

さて、行動範囲の幅を広げてくれる150ccクラスのバイクの中でも、ADIVA WORLDでおすすめしたいのは、プジョーモトシクルのジャンゴシリーズ!

画像1: プジョージャンゴを外出に使いたい理由

パッと目を引く愛らしい丸いヘッドライトが印象的なジャンゴ。クラシカルなスタイルでありながらも、現代的な使いやすさもきちんと実現しています。

くわしくはこちら!

もう佇まいだけで一目惚れしてしまいますが、中でも注目してほしいのがこだわりのシート。

見てください、この美しさ!

画像2: プジョージャンゴを外出に使いたい理由

造形だけではありません。この質感のクオリティの高さよ……!

もうすこしアップにしてみます。

画像3: プジョージャンゴを外出に使いたい理由

テンション上がらないわけがない、プジョーマーク入りのキーも一緒に。

高速道路を利用するくらいちょっと足をのばしたいなら、座り心地も重視したいところですが、ジャンゴなら安心です。

ボディサイズも125ccクラスと同じなので、取り回しも楽々。125ccの手軽さそのままに、走りに余裕を与えてくれる150ccは通勤、通学、日常の足と幅広い用途に使えます。

プジョージャンゴでプチ遠出のススメ

そんなジャンゴでぜひチャレンジしていただきたいのは、総走行距離50〜80km程度のツーリング!

たとえば東京からなら横浜へ。以前ADIVA WORLDにてご紹介しましたMOON EYES CAFEがあるのも横浜ですよ。

アメリカ車のカスタムパーツを取り扱うMOON EYESが運営するカフェで、一歩足を踏み入れればそこはまるでカリフォルニア?! アメリカンな雑貨も豊富で、ショッピングも楽しめます。

MOON cafe on Instagram: “Lunch timeランチはお決まりですか?#mooncafe #yokohama #japan #goodtime #havefun #gowithmoon #lunchtime”

www.instagram.com

みなとみらい方面へお出かけの際は立ち寄ってみてほしいスポットです。こちらの記事でその雰囲気を味わってみてください!

もしくは、爽快な道を駆け抜ける、そんなストレス解消ツーリングも素敵です。

たとえば沖縄で海の風を感じながらのツーリングなんて想像するだけで最高・・・ゴールデンウィークに沖縄への旅行を予定している方は、ぜひレンタルバイクでのツーリングにチャレンジしていただきたい!

こちらでご紹介している沖縄北部のツーリングは、計80km前後・2時間程度のコースになっています。

中でも特にチェックしていただきたいのはフクギ並木! トトロの世界に迷い込んだような気分に浸れるその不思議な空間は、車で通るには少し狭いものの、バイクで走るには絶好のスポットですよ。

まずはアディバショールームでお試しを

ADIVA赤坂ショールームでは、いつでもADIVA・プジョーモトシクル製品の試乗ができます。

ヘルメットなど乗車に必要なものはお貸出しがありますので、免許さえあれば手ぶらでOK!

アディバレディが笑顔で迎えてくれますよ。

画像: まずはアディバショールームでお試しを

アディバレディって一体? という方はこちらの記事もどうぞ。ショールームを彩る彼女たちのおすすめ車両もご紹介しています。

もうすぐゴールデンウィーク。購入自体はまだ考え中だけどちょっと試してみたいという方はもちろん、ジャンゴで赤坂付近を走ってみたい!一緒に写真が撮りたい!なんて方も大歓迎。

お気軽にお立ち寄りください。

This article is a sponsored article by
''.