沖縄県中部には、4つの離島を結ぶ「海中道路」があります。そんな海中道路を渡れば、バイクで気軽に島めぐりができちゃいます!4つの離島に1日で巡ることができるなんて、とても贅沢なツーリングコースですよね?今回は、島めぐりを中心とした中部おすすめツーリングスポットをご紹介します!

【プジョージャンゴ】沖縄中部ツーリングをおすすめする理由

ライオンのシンボルマークで知られるフランス生まれの「プジョー」現存する世界最古のバイクメーカーとしても知られています。そんなプジョーのスクーターが、2018年春に日本に上陸しました。

▼プジョージャンゴの詳細記事はこちら

画像: ▼プジョージャンゴの詳細記事はこちら

【沖縄中部エリア】おすすめツーリングコース

今回ご紹介するのは、海中道路を渡ると4つの離島へ車に行ける「うるま市」を中心とした沖縄県中部エリア。海中道路を渡ると「平安座島(へんんざじま)」「浜比嘉島(はまひがじま)」「宮城島(みやぎじま)」「伊計島(いけいじま)」に行くことができ、車やバイクで気軽に離島に行くことができる、人気ドライブスポットです。今回は海中道路を中心とした、中部おすすめツーリングコースをご紹介します。

画像: 【沖縄中部エリア】おすすめツーリングコース

①海に囲まれた海中道路で、爽快ツーリング!

画像1: ①海に囲まれた海中道路で、爽快ツーリング!

海中道路と聞くと、海底のトンネルをイメージする方も多いかもしれませんが、沖縄の海中道路は全長5キロメートルにも及ぶ橋を、両側に海を眺めながら爽快にツーリングが楽しめるオープンな空間!

エメラルドグリーンの海と潮風、南国気分が盛り上がるヤシの木、まっすぐ離島に向かって伸びる橋、すべてがツーリングの心地よさを引き立ててくれる爽快なスポット。この道をバイクで駆け抜ける瞬間は、天国に向かっているかのような気分になります。

爽快な風を浴びながらのツーリングを楽しみつつ、途中でバイクを停めて海を眺めるのもおすすめ。

画像2: ①海に囲まれた海中道路で、爽快ツーリング!

中道路は、地元民が免許を取ったばかりの時に「ここを走りたい!」と訪れるほど、ドライブやツーリングに人気の場所。この橋の向こうには4つの離島が集結しており、ツーリングがてら気軽に離島を楽しむことができるお得感満載のスポットです。

②橋を越えてすぐの場所にある、ツーリング休憩スポット「道の駅 あやはし館」

画像: 大きな船のような外観はつい写真を撮ってしまう迫力!

大きな船のような外観はつい写真を撮ってしまう迫力!

海中道路の中ほどにある「道の駅 あやはし館」は、是非立ち寄って欲しいスポット。海中道路を渡る途中、左に入れるあやはし館行きの道があるので、そちらから入ることをお忘れなく。

ここでは地域の特産品コーナーやオーシャンビューを眺めながらランチが楽しめる食事処、文化資料館など、休憩がてらに観光を楽しめるスポットが集結しています。

こちらでは、浜比嘉で採れた塩やうるま市推奨品の佃煮「もずっこ」、伊計島の特産品である黄金芋を練り込んだ道の駅あやはし館限定販売の「黄金の芋ちんすこう」などが販売されていますよ。

画像: あやはし館限定「黄金の芋ちんすこう」は、しっかりと濃厚な芋の甘みが癖になる味。

あやはし館限定「黄金の芋ちんすこう」は、しっかりと濃厚な芋の甘みが癖になる味。

画像1: ②橋を越えてすぐの場所にある、ツーリング休憩スポット「道の駅 あやはし館」

外にあるおしゃれなカフェスペースや、軽食として天ぷらが販売される店舗も。

画像2: ②橋を越えてすぐの場所にある、ツーリング休憩スポット「道の駅 あやはし館」

海を眺めながら、沖縄天ぷらを食べたい人は必見。私はイカ天を食べましたが、ふっくらした衣ともちもちのイカは、おやつ気分で味わうことができますよ。お値段も80円と、とってもリーズナブル。

画像3: ②橋を越えてすぐの場所にある、ツーリング休憩スポット「道の駅 あやはし館」

インスタ映えを狙えそうなハート柄の椅子も用意されているので、旅の記念に写真撮影も楽しむことも。

画像4: ②橋を越えてすぐの場所にある、ツーリング休憩スポット「道の駅 あやはし館」

ここではうるま市の観光Mapも確認できるので、中部旅の最初に立ち寄って、気になるスポットをチェックするのもおすすめですよ。

画像5: ②橋を越えてすぐの場所にある、ツーリング休憩スポット「道の駅 あやはし館」

◆道の駅 あやはし館
住所:沖縄県うるま市与那城屋平4
駐車場:無料
TEL:098‐978‐8830
営業時間:店舗により異なる
公式サイト:https://ayahashikan.co.jp/

③浜比嘉島へと続く「浜比嘉大橋」

画像: ③浜比嘉島へと続く「浜比嘉大橋」

絶景広がる橋が二本立てで楽しめるのも中部ツーリングのメリット!海中道路を渡った先にある離島のひとつ「浜比嘉島」へ渡る橋は、美しいコバルトブルーの海の眺めを楽しむことができます。

橋にはあまり高さがないため、すぐ下に綺麗に透けた海を見ることができるのも魅力。天気のいい日にはお魚が見えることも!

浜比嘉島は通称「神の島」とも呼ばれており、絶景と共に橋を渡った後は、パワー溢れる神の島でエネルギーチャージにも最適です。

④神聖なパワースポット「アマミチューの墓」

画像1: ④神聖なパワースポット「アマミチューの墓」

浜比嘉大橋を渡ってバイクで3分程度走ると、神の島と呼ばれる浜比嘉島の中でも、特に聖地として多くの人が訪れるという「アマミチューの墓」。こちらは琉球開闢(かいびゃく)の祖神「アマミチュー(アマミキヨ)」の墓として伝えられています。

五穀豊穣・無病息災・子孫繁昌・島の発展を祈願する場所として、多くの人が訪れる神聖な場所。小さな島のような場所で、美しい海も近くに眺めることができ、写真スポットしても人気のスポットです。

画像2: ④神聖なパワースポット「アマミチューの墓」

濡れているところは滑りやすいので注意しましょう。階段を上ると、アマミチューとシルミチューの墓であるといわれる岩石を利用してつくられた場所があり、香炉が供えられています。 ここに、多くの人が参拝に訪れます。

画像3: ④神聖なパワースポット「アマミチューの墓」

◆アマミチューの墓
住所:沖縄県うるま市勝連比嘉105
駐車場:近隣にあり、無料
TEL:098-878-0077(観光物産協会)

次のスポット「果報バンタ」までの道のりも要チェック!浜比嘉大橋を戻り、西に進むと宮城島に行くことができ、そこから果報バンタまで、沖縄の原風景が残る自然溢れる道が続きます。ここは車で走っても気持ちの良い場所。

画像4: ④神聖なパワースポット「アマミチューの墓」

海と緑、自然の作り出した景色は、バイクで駆け抜けると、より一層心地よい沖縄の自然を感じられます。

⑤宮城島の穴場絶景スポット「果報バンタ」

画像1: ⑤宮城島の穴場絶景スポット「果報バンタ」

浜比嘉大橋からバイクでおよそ30分ほどの場所にある絶景スポット「果報バンタ」は是非足を運んで欲しいスポット!「バンタ」は沖縄の方言で「崖」という意味。観光客が少ない穴場スポットでありながら、崖の上からエメラルドグリーンの美しい海を眺めることができます。

画像2: ⑤宮城島の穴場絶景スポット「果報バンタ」

崖に上るまでの道のりも綺麗に舗装されており、緑や迫力のある岩など、ちょっとした庭園を散歩している気分に。

頂上に辿り着いた瞬間の、空と緑が広がる空間も楽しみのひとつ。

画像3: ⑤宮城島の穴場絶景スポット「果報バンタ」

そこから見える果報バンタの絶景を時間が許す限り楽しんでくださいね。

◆果報バンタ
住所: 沖縄県うるま市与那城宮城2768
駐車場:あり(ぬちうなー製塩工場敷地内)

また、時間がある方は、果報バンタに行く際に車やバイクを駐車できる「ぬちまーす観光ファクトリーぬちうなー塩工場」もおすすめ。塩工場の工場見学や、海で採れた塩で作られたお菓子やスイーツを食べることができるので、休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょう。

画像: おすすめメニュー:パンケーキ塩ソフト(800円)

おすすめメニュー:パンケーキ塩ソフト(800円)

夜までツーリングを楽しむなら「美浜アメリカンビレッジ」にも立ち寄ってみて

画像: 夜までツーリングを楽しむなら「美浜アメリカンビレッジ」にも立ち寄ってみて

島めぐりを中心にツーリングスポットをご紹介しましたが、海中道路を渡って本島に戻った際、夜までツーリングを楽しむ方には北谷町にある「アメリカンビレッジ」に立ち寄ることをおすすめします。

大きな観覧車が目印のこちらは、夜になるとライトアップされる絶景スポットとしても大人気!夜にツーリングでアメリカンビレッジに立ち寄り、観覧車をバックに写真を一枚、なども思い出に残りそう♪近くのサンセットビーチは、その名の通り、サンセットが奇麗なので、夕暮れ時から美浜周辺を楽しむのもおすすめです。

まるで海外のようなこの空間で、アメリカ雑貨や沖縄の素材を使った洋服などのショッピングや、アメリカンな空間に包まれながらお酒や食事を楽しむこともできるので、周辺ホテルに宿泊して中部ツーリングをここで締めくくるのもおすすめです。

◆美浜アメリカンビレッジ
住所:沖縄県中頭郡北谷町字美浜16-2
駐車場:あり(約1500台)
TEL:098-926-5678
営業時間:店舗により異なる
公式サイト:https://www.okinawa-americanvillage.com/

沖縄北部も見てみよう!
CMで人気のハートロックから不思議の国に迷い込んだようなフクギ並木まで

沖縄南部はこちら!
超絶景の橋から琉球王国創世神がつくったとされるパワースポットまで盛りだくさん

This article is a sponsored article by
''.