プジョーの最新モデル「スピードファイト 50 R-CUP」ですが、車体をまじまじと見てみると驚きの連続でした!こんなに凝った造りの原付は、ちょっと見たことがありません。ベテランライダーも思わず唸って笑ってしまう?スピードファイトのディテールをご紹介します。

スピードファイト125ccモデルの試乗記はコチラ

50ccなのに125ccクオリティ!

まずは全身を見て驚き。50ccと125ccの外観はほぼ一緒!全長×全幅×全高が共通なので、パッと見は区別がつきません。どっちがどっちかわかりますか?

画像1: 50ccなのに125ccクオリティ!

外装については、ほとんどの部分が共用パーツなので、完全に125ccクオリティ。原付スクーターにありがちな簡素さや物足りなさは、みじんも感じられません!

では、各部を見ていきましょう。
まずは運転中によく見るミラー。肉抜きが施された繊細なミラーステーに、変形6角形のミラーがマウントされる、とても凝ったデザイン。

画像2: 50ccなのに125ccクオリティ!

メーターは、スタイリッシュな超薄型デジタルメーター。今や必須アイテムと言えるスマホホルダーも標準装備です。ホルダーの裏側には、USB電源が取れるDCアウトレットが装備されていますので、走行中の充電も可能です。

画像3: 50ccなのに125ccクオリティ!

そして、フロントカウル。よく見ると掘りが深くて複雑な造形です。クロームフィニッシュのライオンマークがさらに高級感を演出していますね。そして右ライトの上にある、プジョーのレーシング部門である「PEUGEOT SPORT」のステッカーが誇らしげです。このステッカーだけでも欲しい!っていうプジョーファンの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

画像4: 50ccなのに125ccクオリティ!

そこから下に目をやると、早くもこのモデルのハイライトが!
ディスクはペタルタイプで、ブレーキホースはステンメッシュ
そしてなんと、倒立フォーク&ラジアルマウント4ポッドキャリパー!

画像5: 50ccなのに125ccクオリティ!

125ccは正立フォーク&片押し2ポッドキャリパーだっていうのに、なぜか50ccは超過激な足回り。史上最強のオーバースペックではないでしょうか?もう笑うしかありません。
これぞレーサーレプリカ。プジョーの本気が伺えます。

▶▶これだけじゃない!まだまだ続くオーバースペック!!▶▶

This article is a sponsored article by
''.