原付二種125ccモデルとして人気のプジョー・ジャンゴですが、このたび150ccモデルがラインナップに加わりました。150って本当に必要なの?と思いつつ一日乗ってみたところ「私にとってはこれが最高!」と強く感じたのです。その結論に至った3つの理由をご紹介します。

ジャンゴ125の情報はコチラ

理由1 - 150は自由だ!

125に続いて国内発売が開始された、ジャンゴ 150。高速道路に乗れるようになり、ついに好きなところへ好きなルートで行けるようになったのです。

先日、その事実をあらためて実感する出来事がありました。大型連休を前にした強烈な忙しさゆえ、オフィスで心が折れそうになっていたある日、頭に思い浮かんだ言葉は……

「そうだ、海へ行こう」

125ではこの発想はなかったかもしれません。高速道路を走れる150だからこその思い付きです。

画像1: 理由1 - 150は自由だ!

広報車のジャンゴ 150 スポーツ ABSを引っ張り出しそそくさと会社を脱走した私ですが、全くのノープラン。どんなルートでどこへ行こうか定まらないまま、とりあえず高速に乗ってみます。

画像: まずは、どこへでも行けちゃう環状線に乗ります!

まずは、どこへでも行けちゃう環状線に乗ります!

画像: モノレールとの並走が楽しい一号線へ!

モノレールとの並走が楽しい一号線へ!

画像: 横羽線の分かれ道でどっちへ行こうかワクワク!

横羽線の分かれ道でどっちへ行こうかワクワク!

画像: 思い付きで湾岸線へGO!

思い付きで湾岸線へGO!

画像: またまた思い付きで大黒PAに寄って、撮影車(こちらもジャンゴ150)とパチリ!

またまた思い付きで大黒PAに寄って、撮影車(こちらもジャンゴ150)とパチリ!

好きな時に好きな所へ行ける。

この「自由」こそがバイクの魅力の原点ですよね。

小休止したところで、本来の目的を思い出しました。海へ向かいます!

画像: 高速を降りて、横浜港大さん橋へ!

高速を降りて、横浜港大さん橋へ!

画像: 海キター!

海キター!

画像: リフレッーーーシュ!

リフレッーーーシュ!

こんな感じで、簡単に非日常へトリップできちゃう。この自由さが150の魅力です。

さて、心がリフレッシュされたらお腹が空いてきました。

▶▶横浜まで行ったら、当然あそこに寄りますよね......▶▶

This article is a sponsored article by
''.