125ccに加え、原付免許で乗れる50ccと、高速道路を走れる150ccが登場して、ますます人気のプジョー・ジャンゴですが、ジャンゴ用アクセサリーパーツも続々入荷してきております。今回はちょっと季節外れ?な2つのニューアイテムをご紹介します。

ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

まずはこれ。一体なんだと思いますか?

画像1: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

ヨーロッパでは非常にポピュラーなアクセサリー、「レッグカバー」!
特にスクーター通勤の人たちの間で、かなり装着率が高いアイテムです。

乗車する時には、このようにカバーの中に下半身を潜り込ませます。そう、コタツのように(笑)

画像2: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

で、これに何の機能があるのかというと、圧倒的な防寒性能があります。十分な厚みがある上、内側はボアになっているのでホッカホカ。

最近昼間は暖かいですが、夜などはまだ肌寒い日もありますので、とても役立つかと思います。

画像3: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

そして、ボディをすっぽりと覆う形状のため、雨やホコリなどもバッチリ防いでくれます。スーツやスカートで乗車しても衣服が汚れない、というのも大きなメリットです。通勤に重宝されている理由もそこにあります。

画像4: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

このレッグカバーですが、細かいところまできちんと作られている優れモノです。

まずはキーシリンダー部分のフラップ。レッグカバーを取り付けたままキーの抜き差しができるように設計されています。運転中にいつも目に入る部分なので、Djangoロゴが入っているのもうれしいですね。

駐車時には、本体の内側に収納されている薄手のカバーを引き出し、リアシートにすっぽりとかぶせて汚れを防ぐことができます。近所のネコにベッドにされちゃうのも回避できるかも?

画像5: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

機能はもちろん、見た目も大事ですよね。こちらはジャンゴ専用設計なので、デザインもバッチリ!シートとカバーの模様がお揃いです。

画像6: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

Djangoロゴも、オーナーの方にはうれしいですね。

画像7: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

本体はレザー調の仕上げ。縫製もしっかりしていて高級感があります。

画像8: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

このレッグカバーは、ロゴの入ったリュックタイプの袋に収納されています。この袋だけでも別な用途に使いたくなるかわいらしさです。

画像9: ニューアイテムがこれ。コタツじゃありません!

気になる価格は¥19,800(税別)。

防寒用ととらえると少々季節外れな気もしますが、梅雨の時期にも十分役立つ商品かと思います。ぜひご検討ください!

もう一つは、禁断のアイテム!

もう一つは、一度取り付けたらあまりに快適すぎて、二度と外すことができないという禁断のアイテム「ハンドルカバー」!

画像1: もう一つは、禁断のアイテム!

こちらも梅雨に役立ちますね。

少し大きめのサイズなので窮屈さがありません。初めてハンドルカバーを使う方でも違和感がないかと思います。

画像2: もう一つは、禁断のアイテム!

内側は、レッグカバー同様にボア仕様でとても暖か。冬でも薄手のグローブで運転できそうです。

画像3: もう一つは、禁断のアイテム!

前から見るとこんな感じ。

画像4: もう一つは、禁断のアイテム!

上部にはミラーを貫通させる穴が開いているため、走行中に外れることはありません。

画像5: もう一つは、禁断のアイテム!

PEUGEOTのタグがさりげなく付いているのも、うれしいポイント!

画像6: もう一つは、禁断のアイテム!

こちらもプジョーのロゴが入ったナイロンバッグに入っています。

画像7: もう一つは、禁断のアイテム!

お値段は、¥7,900(税別)。今回はジャンゴに取り付けていますが、この「ハンドルカバー」は汎用品なのでスピードファイトやシティスターにも取り付け可能ですし、プジョー以外のバイクにも付きそうです。

アクセサリーいろいろ!

ジャンゴには、この他にも色々なアクセサリーが設定されています。いろいろ悩んでみるのも楽しいかと思います!

This article is a sponsored article by
''.