はじめまして!新人アディバレディの小熊さやかです!

バイク初心者ではありますが、この記事を読んでいただいてる方へ、少しでもバイクの魅力をお伝えできたり、皆さまが乗っているシーンを想像してお楽しみいただけたら幸いです♪

画像: はじめまして!新人アディバレディの小熊さやかです!

私は、映画鑑賞が趣味なのですが、映画の中にはよくバイクが登場していたことを思い出しました。
爽快でかっこいいアクションや、日常の中での通勤、おしゃれな街並みを走行するデートシーンなど♪バイクが実際に登場している映画を紹介していきたいと思います!!

紹介させていただく映画は「ローマの休日」です!

世界的に有名な作品で、この記事を読んでいる方の中にも観たことがある!という方はたくさんいらっしゃるかもしれませんが、今日は「ローマの休日」を通して、改めてスクーターの魅力に迫ってみたいと思います♪

「ローマの休日」は、1953年(日本では1954年)に公開された映画で、偶然にもプジョー初のスクーター「S55」が生まれた年と同じなのです!

画像: プジョー S55

プジョー S55

「ローマの休日」は、その名の通りイタリア・ローマが舞台となっています。ヒロインである某国の王女アンが、表敬訪問中に過密なスケジュールや自由のない生活で不満が募り、お城を抜け出します。そこからストーリーは、晴れて自由の身となった王女アンが、街での散策を楽しむ展開になるのですが、ここで新聞記者のジョーと出会い、スクーターが登場します!

登場するスクーターは、皆さまご存知のピアッジオ社のベスパ!

画像: http://vespa-japan.com/heritage/index.html

http://vespa-japan.com/heritage/index.html

「ローマの休日」に登場するのは、1951年に誕生した、VESPA 125というモデルです。

私は形やデザインがレトロな雰囲気なところに惹かれ、オートバイの中でもスクーターが一番のお気に入りです。おしゃれな服装やスカートを履いた女性でも乗りやすく造られた形や、車では行きづらい場所でも自由に気軽に移動できるところが魅力的だと思います!

私のお気に入りレトロスクーターを紹介いたします!

「ローマの休日」では、そんなスクーターの魅力がとても活かされていて、アン王女が一般の人と同じように街の中へ溶け込み、のびのび自由にハシャいでいる姿がとてもキュートで印象的でした♪
そこで、現代でも「ローマの休日」のワンシーンが再現できそうなプジョーのスクーターを紹介します!

画像: プジョー・ジャンゴ125エバージョンABS/キャロットオレンジ※オプション装着車

プジョー・ジャンゴ125エバージョンABS/キャロットオレンジ※オプション装着車

こちらの「ジャンゴ」は、この記事の冒頭でも少し登場したプジョー初のスクーター「S55」を現代版として復刻させたモデルなのです!

今日はアディバの制服ではなく、レトロなスクーターを意識したデザインの衣装を着用してジャンゴにまたがってみました♪こんなワンピースでも乗れてしまうスクーターって、すごいですよね!

画像1: 私のお気に入りレトロスクーターを紹介いたします!

座席部分が平らな一直線ではなく、二人がけの形で広々と作られていて座り心地がとても良いですよ♪

画像2: 私のお気に入りレトロスクーターを紹介いたします!

「ローマの休日」で有名な二人乗りシーンのように撮ってみました♪

画像3: 私のお気に入りレトロスクーターを紹介いたします!

実際に二人で座ってみると、なかなかの密着度ですね!恋人や友達同士でも、一気に距離が縮まりそう!!

スクーター以外にも個性豊かで魅力的なバイクが、様々な映画に登場していますので♪
バイク好きな方はもちろん、私と同じような初心者の方にも魅力をお伝えしていけるよう、また更新させていただきます!これから、どうぞよろしくお願いいたします♪

プジョー・ジャンゴが気になった方はこちらもどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.