去る5月30日、イタリア共和国建立記念レセプションで世界初公開となった新型電動バイク「ADIVA AD-4」。斬新なデザインと快適性を持ち、高速走行やタンデムでも余裕の走りを実現するアーバンモビリティとして、多くの注目を集めました。今回は「AD-4」の気になるディテールに迫ります。

そもそもAD-4とは?

AD-4は、VX-1をベースとし、近年のアディバ製品の特長である「ウインドスクリーン」「開閉式ルーフ」「リアトランク」という3つのアイテムを備えた新型電動バイク。独自の技術やアイデアで移動を快適に楽しくする、アディバならではのニューモデルです。

画像: ADIVA VX-1

ADIVA VX-1

車両の区分としては、モーターの定格出力が11kW(15.0PS)であることから、車検のない軽二輪(125~250cc)クラスになります。「11kW?パワーないな......」と思ったら大間違い。定格出力とは最高出力と異なり、一般的には最高出力より大幅に低い数値となっています。

画像: ADIVA AD-4

ADIVA AD-4

ではAD-4の最高出力は?というと、35kW(45.6PS)。つまり、250ccクラスでありながら、400ccエンジン車以上のパワーを持ち、高速走行やタンデムでも余裕の走りを実現する電動バイクなのです!

そのパワーの秘密は、リアホイールと直結したアディバ独自のインホイールモーター。電動バイクならではのダイレクトで鋭い加速を実現します。サイズ、重量、部品点数を最小化する、効率的なパワーユニットです。

画像1: そもそもAD-4とは?

単純な速さだけではなく、アディバは操る楽しさも忘れていません。AD-4には、加速/減速/後退をスロットルだけで自在に操作することができる「マルチファンクションスロットル」を装備!

走行状態でスロットルを開度ゼロに戻し、さらにマイナス方向に回転させると回生ブレーキが作動。「スロットルで減速する」という新体験ができます!

停止状態で同じ操作を行うと、車体をバックさせることができ駐車時などに役立ちます。

画像2: そもそもAD-4とは?

バッテリーは、14.4kWの大容量リチウムイオン電池を搭載。軽量なアルミフレームに収められています。AC200Vでの充電時間は4.4時間。当社試験環境下での数値でいうと、フル充電で270kmの走行が可能です!

画像3: そもそもAD-4とは?

This article is a sponsored article by
''.