初心者ライダー玉井の乗ってみた!第13弾です。今回は、アディバの電動バイク「VX-1」に乗ってみます!EVならではの乗り味は一体どんな感じなのでしょうか?体感したいと思います!

VX-1の試乗会は大好評でした!

みなさまこんにちは、マーケティング部所属 初心者ライダーの玉井です。ここ最近のものすごい暑さに、今までで一番水を飲んでいる気がします。ライダーのみなさまも熱中症にはご注意ください。

そして、暑さ以上に盛り上りをみせた、鈴鹿8時間耐久ロードレース

赤坂ショールームではパブリックビューイングを行いましたが、VX-1の試乗会も同時に行いました!アディバワールドには、試乗後のお客様の声を掲載していますので、ぜひご覧ください。↓

これまで私は、VX-1のボディサイズと「電動バイク」という未知の世界にかなり怖気づいており、乗る勇気が出ませんでした。

しかし!試乗されたみなさまからは、とても嬉しいお声ばかり!これは怖気づいている場合ではない!ということで、今日はVX-1に乗ってみたいと思います。

では、私もVX-1に挑戦!

初めての電動バイク。まずはまたがってサイドスタンドを…と思ったのですが、想像以上の足つきの良さに驚き!!!

画像1: では、私もVX-1に挑戦!

プジョー ジャンゴに乗っている時は片足つけるのにやっと、両足はつま先中のつま先。という感じでしたが、VX-1は両足が安定するくらいつくので、ホッとしました。

画像2: では、私もVX-1に挑戦!

安心したところで、サイドスタンドを上げてキーを回してスイッチをONにします。ここまでは普通のバイクと変わりませんよね。

画像3: では、私もVX-1に挑戦!

今の状態はこちら。↓ ディスプレイに『READY』と表示されているのが分かりますか?この状態だとまだ走ることはできません。ここから、「モーターに通電可能な(ガソリン車で言うとエンジンをかけた)状態」にします。

画像4: では、私もVX-1に挑戦!

左のブレーキレバーを握りながら、右のブレーキレバーを握ると......

画像5: では、私もVX-1に挑戦!

『READY』の横に大きく『GO』と現れました!これで走れるようになりましたが、全くの無音です。ホントに走れるの?と思うくらいの静けさ。驚きです。

ショールーム内で少し動かしてみた!

静かなので、すぐにでも走れる状態であることに誰も気づかない!こっそり少しだけアクセルを捻ると、ス――ッと動きました!!

画像1: ショールーム内で少し動かしてみた!

表情からもわかる通り、あまりのスムーズさに笑いが止まりません。この感覚は初体験で、おもしろい!

画像2: ショールーム内で少し動かしてみた!

そして、アクセルを逆に(前側に)捻ることによってバックできるのも特徴なんです。

画像3: ショールーム内で少し動かしてみた!

バイクをバックさせることが、こんなに簡単にできていいのでしょうか。

(このボディサイズの取り回しは、できるだけ避けたい)と思ってしまう私にとって、取り回しがしやすくなったのは、とっても好印象です。

This article is a sponsored article by
''.