本日は速報です!国際的モーターショーとして長い歴史を誇る「東京モーターショー」に、アディバが出展することが決定しました!!

今回のショーは新しい!

今年で第46回目となる東京モーターショーは、2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)の計12日間、東京ビッグサイトおよび周辺地域で開催されます。

今回のショーのコンセプトは「OPEN FUTURE」。ご来場の方々に「クルマ・バイク本来の楽しさ」と「未来のモビリティ社会」を感じていただける、東京ならではの新たなモーターショーとのことです。

操る楽しさと先進技術によるEVを追求しているアディバには、ピッタリなコンセプトかと思います!

画像: 今回のショーは新しい!

で、いったい何が「OPEN」なのかというと、3つのOPENがあるそうです。

1.未来へのOPEN

自工会会員各社に加え、主催者プログラムでは、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、経済産業省(予定)、NEDO(予定)と共催し、オールインダストリーでモーターショーを盛り上げるとのこと。単なる乗り物展覧会ではありません!

2.開催エリアのOPEN

これが会場マップ。従来の有明エリアに加え、新たな青海エリア、そしてこの2つをつなぐOPEN ROAD。この全てが会場です。モビリティテーマパークとして過去最大規模の面積で開催されます!

画像1: www.tokyo-motorshow.com
www.tokyo-motorshow.com

3.新たなお客様に向けたOPEN

上のマップを見るとわかるように、無料エリアが複数あります。東京モーターショーが初めてという方にも気軽に立ち寄り楽しんでいただけるような配慮だそうです。

無料エリアがスゴイ!

青海駅そばの「メガウェブ」で行われるのが「FUTURE EXPO」。NTT、パナソニック、NEC、富士通をはじめとするオリンピック・パラリンピック等経済界協議会の企業など、61社の企業・団体が参加し、先進のテクノロジーやサービスの展示や試乗など100以上の展示で未来の暮らしを体感できます。

画像2: www.tokyo-motorshow.com
www.tokyo-motorshow.com

青海と有明を結ぶ全長1.5kmにわたるモーターショーのシンボルロード「OPEN ROAD」では、最新の 小型モビリティに乗ったり、普段見ることのできない陸・海・空、様々なモビリティに触れることができます。

画像3: www.tokyo-motorshow.com
www.tokyo-motorshow.com

有明エリアの「DRIVE PARK」では、クルマ・バイク好きの方もそうでない方も、クルマやバイクが持つ本来の楽しさ、ワクワクドキドキが感じられるとのこと。以下のコンテンツが予定されています。

 ・最新の四輪・二輪車両の試乗体験やステージイベント・デモランなどを実施
 ・東京オートサロン、モータースポーツジャパンとも連携
 ・国内初!FAI公認(予定)ドローンレース開催

画像4: www.tokyo-motorshow.com
www.tokyo-motorshow.com

やはりメインはビッグサイト!

無料エリアの充実もうれしいニュースですが、やはりショーの花形は東京ビッグサイト展示棟ではないでしょうか。

画像: www.bigsight.jp
www.bigsight.jp

展示棟における二輪車部門の出展者は、カワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハ、そして5番目のメーカー、アディバ!

画像: やはりメインはビッグサイト!

4メーカー様に負けない内容で、出展準備を進めております。今後もADIVA WORLDで、東京モーターショーに関する情報をドンドン発信していきますので、どうぞお楽しみに!!

This article is a sponsored article by
''.