プジョーのラインナップの中でも、老若男女のユーザー層が一番広いのがジャンゴ。レトロテイストで親しみやすいデザインはもちろん、快適な乗り心地が人気の理由です。今回はジャンゴの快適性のかなめである、シートの特長をご紹介します。

「猫足(ねこあし)」って知ってますか?

突然ですがみなさん、「猫足」という言葉をご存知でしょうか?四輪の世界でフランス車は、クッション性の良い足回りで、猫のようにしなやかに走ることから「猫足」と表現される事が多いのです。そこで「フランス車=猫足」という表現の起源を探ってみると、みなさん一度は見かけたことがあるであろう一台のクルマにたどり着きます。

1948年から1990年まで42年間も生産された大ヒットモデル、「シトロエン 2CV」です。

画像: シトロエン 2CV www.toyota.co.jp

シトロエン 2CV

www.toyota.co.jp

「荒れた農道を走行しても籠の中の卵が割れない」ことを目指して設計された「2CV」の乗り心地は本当にふわふわで、私も初めて乗ったときにはダンパーが抜けているのかと思ったほどです。

「柔らかいけど、奥でしっかり踏ん張る」というフランス車特有の乗り味は、ボディやサスペンションの設計によるところも多いですが、シートも大きな要因だと思います。シトロエンやルノーなど、私がこれまでに乗ったことのあるフランス車のシートはだいたい同じ印象でした。

画像: ルノー 5 www.toyota.co.jp

ルノー 5

www.toyota.co.jp

猫足と言えば、やはりプジョー

そして「猫足」と言って名前が挙がるのは、やはりプジョーです。

画像: プジョー 508 www.peugeot.co.jp

プジョー 508

www.peugeot.co.jp

最新モデル「508SW」でも、電子制御アクティブサスペンションと様々な調整機構を備えたシートによる快適性が、好評価のポイントとなっているようです。

508 SW GT BlueHDi  アルカンタラ® / レザーシート

web.peugeot.co.jp

This article is a sponsored article by
''.